January 2006

January 31, 2006

戦国自衛隊

もう何年前かな?戦国自衛隊っていう映画を見た時に、やたら感動したのを覚えている。確か、千葉ちゃんが主役だったと思う。
あの戦国時代に、本当に自衛隊がいったら、そりゃあ、さすがの武将達もびっくりするだろうなあ。ヘリコプターなんてすごい迫力だろうなあ。見せてあげたいなあ。。。
たくさんの思いを馳せたものだ。
今日、テレビで新しい戦国自衛隊やってるね。
こういう発想ができる人って、すごいなあってつくづく感心する。
だれか、信長がタイムマシーンに乗って、今のナゴヤにやってくるなんて映画作ってくれないかなあ?で、また、戦国時代に戻った時の信長を追ってほしい。
似たようなのは昔やってたけどね。拓哉主演で。けど、もっともっと、色んな武将からめての話が観てみたいなあ。
なんか...また最近、戦国づいてきた私である。。。


at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他 

January 30, 2006

どーもいかん!

代が変われば、少しは違うかと思ったけど、
確かに違うけど。。。

おばあちゃんが言うことは聞き流せても、年下が言うと、カチンとくる。

しかも、向こうも負けん気が強い。

年次休暇は社員が管理するものだから、会社が管理する必要はないらしい。

なら、とりあえず、今の残日数と毎年の発生日を教えてくれと言ったが、譲らない。

それは事務の仕事じゃないらしい。そうなのか?

今まで在籍してきた会社。不満もいっぱいあったけど、結構、人道的な会社だったんだなあと改めて思った。

朱に交われば赤くなる。珍しく夫婦・親子・嫁姑が似た者どうしの“やまぶ”家である。


at 22:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)あの会社 

January 29, 2006

ありがとう

たくさんのお祝いの言葉をありがとう!

おかげさまでまたひとつ、
幸せの中で年齢を重ねることができました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

この先も、幸せに過ごしていくために
前を向いて、心に嘘をつかないで、
進んでいけるよう。。。

いつか振り返る時がきたら、
ほとんど笑っていたなあ。。。
って思える人生を送りたいものです。

まだ、これからだからね☆


at 20:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ひとり言 

January 27, 2006

危うく・・・

明日は出勤になるところだった。

昨日の朝礼第2段。


もし、明日の午後から入稿する仕事量が多かったら、あさっては出勤していただきたい。ついては、休日出勤という体制はとらず、代休という形でもなく...(by“やまぶ”)

おい!語尾をごまかすな!それって、年間休日が減るってことか!?
ほとんどキレかかっている社員の心の中を知る由もなく、都合を聞くでもなく、話は終わった。

・・・で、今日。


どうですか?この感じなら今日がんばっていただいて、明日は休みで大丈夫そうですね。(by“やまぶ”)

おいおい!ホントに明日全員出勤にするつもりだったのか!?
社員には休日の予定がないとでも思ってるのか?
それとも社員の予定など、仕事の前には問答無用なのか?

・・・で、帰り際。


明日は休みにしますので、ゆっくり休んでください。(by“やまぶ”)

あ、やっぱり、明日は普通に出勤に決まってたんだ...

ってことは、出勤しなかったら有給休暇扱いになったってことだろうか?


「敵をつくらないことが大切(“やまぶ”談)」って言葉、録音しといて、何度もリピートしてやりたい。。。

at 19:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)あの会社 

January 25, 2006

重大ニュースが多いせいで

朝礼が一日2回行われる会社も珍しいだろう。
毎日、「まったく何やってんだ」と朝から頭が『ピキピキ』する。
特に2回目の朝礼。主役は代表取締役“やまぶ”。
今年に入って、やたら重大ニュースが多いもんだから、勢い朝礼の時間も長くなる。
このところは専らライブドアがその主要題材になっている。


「結果的に言えば、敵を作らないことが大切だということ」
 だと、周囲敵だらけの“やまぶ”が言う。

「法律はすれすれに切り抜ければいいってものじゃない。きちんと守ることが肝心だ」
 と、労働基準法無視の“やまぶ”が言う。

「逆に言えば」が口癖の“やまぶ”の話は、毎回何度も180度ずつ回転を繰り返す。逆に言った話を逆に言って終わらせる恐るべし“やまぶ”

周囲の人の心の中で失笑の嵐が吹き荒れている...


なんだか、また、反抗心がふつふつと湧いてくる今日この頃である。クビになる日も近いかもしれない。。。


at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)あの会社 

January 24, 2006

ぶつぶつぶつ・・・

ストレスが溜まってきてる。

そもそも、このストレスは私が大人になれば解決するってことは分かってるんだ。
私の他には女子社員が二人。20代と、もうすぐ二十歳になる子のみ。
この世代の感覚のズレは如何ともし難い。
なんとなく、嫁姑の確執の原因がわかるようになってきた。
これだけズレてると、何をやっても不満が残るんだろうなあ。
できるだけ、寛大にって思ってはいるんだけど、「いつまで甘えてるんだ!」っていう思いは日増しなのだよ。
いや、あの二人が特別なのかもしれない。世代で片付けてはいけないなあ、と、思うこともある。
例えば、私と彼女たちとの間に、ちょっと落ち着いて来た30代の女子社員が一人いたら、違った形になるかもしれないと思う。
けど、現実には三人しかいないわけだし、多分、私があの子たちに期待しなければ済むんだろうなあ。。。悔しいなあ。悔しいとか言ってるとこが、まだまだ私も子どもってことか。

ほかっておいても片付いてるのは、誰かが片付けてるからなんだよ。
あなた達が片付けてもいいんじゃないの?
空になった洗剤の容器、ストックのなくなったトイレットペーパー、流しに飛び散った残飯。。。そのままにしておいても魔法で片付いてるとでも思ってるの?

・・・新人って、何年までを言うんだろう?
全部、いちいち教えないといけないのかなあ?・・・

家で何もしないから、会社でもできないっていうのは嘘だよね。
少なくとも、人前では恥をかかないようにしたいって見栄は誰にでもあるはず。
だから、家でなんにもしない子だからって社会で通用しないなんて心配はそれ程しなくていいと思ってる。

だけど・・・!
家で片づけ魔だったり、食事の支度は必ず手伝うって子が、会社でできないってのはどういうわけだ?

社会より家の方が恐いのか?

お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、家の中より、社会できちんとできるよう、教えてあげて下さい。お願いします。。。


at 20:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)あの会社 

January 23, 2006

実は

ライブドアってわりに好きなんだよ。
電話やメインサーバーはヤフー。アフィリエイトは楽天にも参加。
で、ヤフーと楽天でもブログをやろうかと登録したこともある。
でも不自由なの。あの二つ。
普通に日記つけてるだけなら問題ないんだろうけど、商品紹介はその会社で扱っている商品(ヤフーなら「ヤフーショッピング」、楽天なら「楽天市場」)しか紹介できないし、もし気にいって購入者があらわれてもポイントで還元なんだよ。
その点ライブドアは、好きなように好きな商品を紹介して、好きなように商売していいよっていうサーバーなんだよね。
別にそれで儲けようって思ってるわけじゃないけど、好きなようにやっていいってとこの方がいいじゃない?お気に入りのグッズの写真ひとつ載っけるにも、これはまずいんじゃないか?って考えなくていいもん。
ちょっとだけ使い勝手は悪いけど、そこそこライブドアのブログは気にいってる。
だから、潰れないといいなあと...これも自分勝手に思う。


今日、うちのファックスに間違いファックスが届いたんだけど、(何だかゴルフコンペのお誘いの断わりの返信らしい)そこに書いてある連絡先の電話番号が、間違いなくうちの電話番号なの。ってことはよ!これからもこのワイエム○○って会社のかすがい営業所への連絡はここにしてくる可能性があるってことだよねえ。
けど、その書類の電話番号が間違ってますよってどこに電話すればいいんだ?
やっぱり、その会社の電話番号調べて、間違ってますよって教えてあげないといけないのかなあ?そうすると、うちの電話番号が相手に知れちゃうんじゃないの?
ううーん。どうしよう・・・
とりあえず、ほっとくか。
もし。万が一、ここを見ていただくことがあったとしたら。
「キュー○ー会ゴルフコンペ幹事の那○さん」
連絡先のファックスナンバー、ちゃんと修正しといてくださいな。宜しく!


at 21:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他 

January 22, 2006

THE 有頂天ホテル

はっぴぃ☆らいふにも書いたけど、すっごく面白い映画だったよ。『THE 有頂天ホテル』
複数の物語が同時進行で進んで行くの。その場にいる様な感覚。
すべてのセリフや動きに一つも無駄がなくて、絶対にはまること請け合い!

最後に「まだ何か解決してないんじゃない?もう少し観たいんだけど・・・」って思うくらいあっと言う間の二時間半。

「くねくね」の待ち受け画面と「ダブダブ」の人相描きを見られなかったのは残念だなあ。

絶対DVDが出たら買おう!って、その前にDVD本体買わなきゃ^^;


at 21:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他 

January 20, 2006

吉牛はまだ遠く

政府は20日、輸入された米国産牛肉に、BSE(牛海綿状脳症)の病原体が蓄積しやすい特定危険部位の脊柱が混入していたため、12月に再開したばかりの輸入を、再び全面禁止する方針を決めた。

来月くらいには、吉野屋で牛丼食べれるかもって思ってたのに、また遠のいた。
思えば「吉牛」にはずいぶんお世話になったものだ。
若いころは、散々お酒飲んだ後の「しめ飯」として、しょっちゅう食べた。
残業ごはんの定番でもあったし、お金がないけど小腹がすいた時にはもってこいだった。
豚丼もキムチ豚丼も悪くはないけど、やっぱりあの味をもう一度味わいたい。

安全神話が崩れた日本だけど、それでも、輸入食品よりずっと国内の食材の方が安心できる。これは幸せなことだよね。

それにしても、やっぱりアメリカに対してきちんとNO!と言える日本政府になれる日は来るんだろうか?日本人の食に対するこだわりを、きちんと示さないと、また、不安の中での輸入再開を余儀無くされそうで、恐い。

早く、安心して「吉牛」の特盛り食べたいな^^V


at 21:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)生活&食べ物 

January 19, 2006

妻に苦労をかける夫をたしなめる手紙?

手紙を書く機会もすっかりなくなってしまった。
ほとんどメールで済ませてしまう。友達ならなおさらだ。
けれど、例えば、目上の人に改まって文書で連絡する時、まったくそういう知識に乏しいので、何かを参考にしないと、失礼があるんじゃないかと、一言書くたびに不安になったりする。
で、郵政公社のレターなび。手紙の例文が色々掲載されているので役に立つ。
・・・けれどね、笑うよ、このサイト!
文例項目ってとこをクリックしてみて!
仕事上の文書なんかも並んでるけれど、招待状の文例もあったりするけど。。。

借金の申し込みの文例。
恋愛相談の文例。
どのようにプロポーズしたらよいかの相談の文例。
離婚の相談の文例。
はては、プロポーズの承諾の文例や断わりの文例もある。

妻に苦労をかける夫をたしなめる手紙の文例・・・

『○○にどうしても言いたいことがあってペンをとりました。
 これまで○○はビジネスマンとしてよく頑張っていると、いつも感心してきました。弟ながら、お手本にしなくてはと思ってきたほどです。
 ところが、聞くところによると最近は毎晩酒を飲んでの午前様だそうではありませんか。**さんはさんざん悩んだ末、思い余って私に相談されたのです。あなたはまぎれもなく**さんの夫で、●●くんのお父さんなのです。自分の立場をしっかり自覚して、大切な家族を泣かせるようなことを慎むべきではないでしょうか。
 差し出がましいとは思いますが、あなたたち夫婦のことが心配なのです。何か悩みがあるなら相談にのりますから、いつでも連絡してください。』


参考になりましたか?

これも郵便事業の一環なんだろうか?
考えた人の役職とかも発表してほしいものだ。。。


at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他