March 2007

March 31, 2007

主婦は家事がお嫌い??

1人で生活するようになってから、やたら質問されることがある。

それは。

「自分でご飯作ってるの?」

という、不思議な質問なんだけど。

あんまりにも、その質問が多いんで、そんなに、私って料理が苦手なイメージなんかしらん?と悩んだこともあった。

いや、それは事実だけど。。汗

一応、小学校の高学年の時には自分のお弁当は自分で作ってたのよ、私。。。

ま、それはともかく。
自分で作らなきゃ、誰が作んのよ???

と、その質問にずっと疑問を持ってたんだけど。

どうやら。。。
長年主婦をやってる友達や姉妹にとったら、毎日料理を作ることが苦痛だということが分かってきた。

だから、もし、今1人になったら、料理作んなくても済む、なんて、思ってるらしい。

実際、料理って、誰かが食べてくれるからこそ作り甲斐があるってもんで、自分のために毎日作るのはめんどくさい。

けどさあ。毎食、外食で済ませられる程、経済状況が恵まれてるわけじゃなきゃ、しょうがないじゃん。

家に遊びに来る、現主婦は言うわけだよ。
もし私1人なら、ご飯も作らないし、掃除も誰かが来る時だけしかしない、って。

そういう本音を、言える対象になったわけだ、私。
それは嬉しい。

そうだよね、女だからって、家事が好きなわけないもん。当たり前だ。
やらないで済むなら、その方がいいに決まってる。

けど、誰か、自分を必要としてくれる人がいる、ってことは幸せなことじゃあないかと、ちと思う。

そういう人のためには、めんどくさい、苦手な家事も、やってあげようって気になるから、なんとかやってられるんだよね。

世の旦那さんたち。一つだけ言っておこう。
家事をやってくれる奥さんに、時には感謝の言葉を言ってあげてちょうだい。

それだけで、報われるってこともあるんだからさ。

まだ、結婚してない人なら、是非、お母さんに「いつもありがと」って、たまーにでいいから言ってあげてね。

離婚して、もう一度恋人時代に戻りたい、だって「おさんどん」したくないんだもん。
なんて発言する主婦もいるんだよ。

そういうの聞くと、ホント家事っていうのは、大変な割に報われない労働だよなあ、って思う。

せずに済むなら、私もしたくない。。

あ!せずに済ませられるのか、私ったら。。。^^;

ま、それでも毎日外食三昧生活には程遠い財政なんで。。
ちゃんと自分で作って食べてますよお!

前にも言ったけど。

できれば、私も「奥さん」欲しい・・・(^┰^;)ゞ


at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)生活&食べ物 

March 30, 2007

今日は納期だよん

今月末が納期の仕事。
私が把握してるだけでも、まだ、40本ほど終わってない。。。

その中の半分は原稿ができてない状態。
残りの半分はクライアントさんからの校了が出ないままだ。

にも関わらず、朝礼で頑張って納期に間に合わせてくださいという経営者はいかがなものかと思う。

原稿出なきゃ、何もできんだろうが怒怒怒

とにかく。。。

仕事の状況を把握してほしい、と、もう何年も思ってる。

多分、この先何年も思い続けるんだろう。
あの会社を辞めない限り...



月末だから。
だと思う。
事務の仕事も「しなくちゃいけない」こともあったんだろう。
今日は9時?4時(何で5時じゃないのかは、未だに分からないけど)で仕事した“やまにょ”。
けど、『子連れ』だった。。。

どうやら、あの会社ってば、【子育て支援】に対して、日本の中で一番協力体制にある会社かもしれない。

なんせ、正社員じゃなく、パートさんの「子連れ出勤」及び「子どものお昼ご飯支給」及び「その子どもがパソコンの前に陣取ってて、仕事に支障をきたしてもOKOK」なんだもん。

さすがにそんな会社はなかなか無いだろうと思う。

・・・社員の育児にも協力体制をとってほしいものである。

ってか、今春、中学生になる子どもが、親の会社で1日を費やすことの異常さに気付けよ。



そう言えば!!
1年程前の、社員旅行の頃。

お昼休みでさえ、「しゃべるなら他でやってくれ!」と女子社員に怒っていた“ナンバーワン(たこぎくん)”が。

今回の『キャピキャピ』メンバーには、おやじギャグ(これは、ここ数年、寒すぎて封印されていたものだ汗)で接している。
お昼休みの、大声の雑談さえ、他の部屋に移ったり、時には加わってたりして。。。

文句も言わないでいるようだ。

やっぱ奴は別段ポリシーがあったわけじゃないってことが判明した。

...あ、それは前から分かってたっけ汗

いつまで、あの会社は、奴をナンバーワンの座に据えておくんだろう??

。。。所詮。

つくづく、人を見る目のない会社である。



何でか分かんないけど、明日は休み。
第5土曜日は通常出勤なんだけど、多分、“やまぶ”が年間休日日数を数え間違えたせいだと思う。

本来なら休みのはずの11月3日が出勤になってたしな、今年の休日表。
(結局、その日にどうしても外せない大切な予定がある私が気付いて、その日は休みになったんだけどね。)

私が把握してるだけでも、もう3回、休日間違えてる。。。
ま、数え間違えて、休日が増えるのは文句はないけどね☆

ってことで、2週連続の2連休をゆっくり過ごします^^


at 23:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)あの会社 

March 29, 2007

大人な私(^^;

スムーズに片付いたって、その仕事量にはうんざりするんだけど。
トラブルが発生すると、一気に「イライラ度」も「疲れ度」も増す怒怒怒

クライアントさんから校了の知らせを受けたのが定時ちょうどの17時。
結局残業には違いないけど、ま、面付け、出力なんて大して時間かかんないし、今日は早く帰れるぞ音符

..って思ったのに。。

1台だけ、どうしても出ない・・・
正確に言えば、その中の1ページだけがどうしても出ない・・・

どんな出力方法をとっても出ない・・・

しょうがないので“やまぶ”に言ってみたら、

そのページにあるオブジェクトが壊れてるはずから、ひとつずつチェックして。

と言われ。。

でも、そのページだけ特別なオブジェクトは何一つ使ってないんですけど、と言ってみたら、

それでも絶対何かおかしなオブジェクトがあるはずだから。と。

あげくの果てには、

どんな作り方したんですか?

なんて質問までされ。

知るかよ怒怒怒
だいたい、まったく訂正がないページで、前回はちゃんと出力できてるんだから、オブジェクトに問題があるはずないじゃん怒怒怒怒怒

と、ブツブツ怒りながらも、とにかく原因を調べ続けた。

結局、その1ページの中の、『たった2文字』を消したら出力できることが判明。

その2文字だけ、他とは違う書体を使っていた。

が!!!

それも特別な書体じゃあない、いつも英語の教材に使ってる書体だ。

おっかしいなあ。これで出力ができないわけないのに、と思いながら、再び“やまぶ”にそのことを告げに行ったら。。。

ああ、じゃあ、出力機の方の書体が壊れてるんだわ。よく壊れるから。。お疲れさまでした笑顔

と言われた。。。

で、結局、出力機の書体を入れ直したら、最初の出力ファイルが問題なく動いた。。。

結局2時間半もかかって、やっと終わった悲しい


出ましたか?すいませんでしたねえ。。

と言う“やまぶ”に。

「いえ、原因が分かればいいんです」と答えた私。

な?んて大人なのかしらキラキラ

・・・ってか。
ホントに疲れ切って、文句言う気力もなかっただけである汗



あんまり疲れたんで、帰ってきて何もせず、いきなりここにブチブチ書いてみた。

さ、ご飯作ろ?っとごはん


at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)あの会社 

March 28, 2007

それは必要経費でしょか??

大残業で疲れた。。

疲労困ぱいで帰ろうとして、事務所に下りていった。
「残業届」と「作業日報」を出して、タイムカードに向かおうとした時。
ロッカーにたっくさん貼ってあるメモや書類が目に入った。

そこに。。。
本屋さんからの納品書があって。

一番上に貼ってあった、その納品書に。。。

週刊少年サンデー 一冊 “やまぶ”さま

と書いてあった。


ブタ ニワトリ サル パンダ 宇宙人 タバコ タバコ タバコ

「毎度ありがとうございます」の文字がひときわ目に焼き付いた。

この忙しさで稼いだ売り上げの一部は、奴の趣味に費やされているのかと思ったら、疲れが「どわぁ!!!」と増した。

ゴミ袋一枚でゴタゴタ文句言うくせに怒

そんな納品書、社員の目につく所に貼っとくな怒

肉体的疲労に加え、精神的疲労のため、今日はこれのみのアップとします。。

おやすみなさい...ZZZ


at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)あの会社 

March 27, 2007

あと3日

てっきり先週、最終回だと思ってたら、今日が最終回だったのねえ、「今妻」。

なんとか最終回は見逃さずに済んだ。

想像したラストとはかなり違ってたけど。
ま、しょうがないか、ドラマだし。

「当たり前のことが幸せ」だと気付く。。。

そんなこと最初っから分かってるよ!!
その大切さを知ってるから、苦しい思いをするんだよ!!

それでも、このドラマは、時々泣かされたなあ。。。
特にフミヤくんの哀愁で...汗



このところ、会社の事務員さん(“やまにょ”のことだが)を社内でちっとも見かけない。
日中の2?3時間ほどしか見かけない。

何でだろ?と思ってたけど、そっか、今春休みなんだ、学校。

夏休みの間、毎日お子さま連れでやってきてたが、今回は自分がお子さまの生活に合わせる形になったようだ。

この忙しい時期、それで済んでく仕事。
まったく、お気楽なもんだよ。

それなら、せめて、会社経費から出るお弁当も食べずに済む時間帯に出勤してほしいものである。



仕事がかなり片付いてきて、手も空いてきた(“やまぶ”)らしい。

へえ。。。
ちいとも知らなんだ。

今週は、最後の「もうひと踏ん張り」で頑張ってください(“やまぶ”)

ほっほお。。。
あと3日、頑張れば終わるんだな。

未だ原稿が出てない仕事が、ざっと見積もっただけでも15本ほどあるけど、それが全部、月末には片付くんだな。

まだ、初校しか済んでない仕事も、30本ほどあるけど、あと3日で全部校了になるんだな。



じゃあ。。

来週、何があろうと、有休とるぞ!怒



...相変わらず、何の把握もできてない経営者である。。

at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)あの会社 

March 26, 2007

すごいぞ!ライオン!!

あの、「ライオン」という名の会社の研究により。
男性の「抜け毛」を加速させるたんぱく質が発見されたらしい。
で、抜け毛には「オキナワモズクの抽出成分が有効」ってことも分かったらしい。
明日から、ネットショップで、オキナワモズクが品薄になることは間違いない!!

科学の進歩ってすごい!!



夕飯を作ってる時。
お味噌汁に入れるお豆腐を切っていて、ふと思い出した。

“新井素子さん”の「結婚物語」っていう小説の中で、主人公の女性が手のひらの上でお豆腐を切っていたら、その旦那さんになる予定の彼氏が「やめてくれ!」と叫ぶシーン。

小学校の家庭科の時間に、彼の、お調子者の同級生が、「あ!オレ知ってる、豆腐って手のひらの上で切るんだよね」って言いながら。

「手のひらの上のお豆腐を『包丁を引きながら』切って、血だらけになったのを見たっていうトラウマ」があって、それ以来、豆腐を手のひらの上で切っている場面を見るだけで血の気が引く、とか言ってた。

それを聞いた主人公の彼女は「結婚して夫婦喧嘩になったら、とりあえず手のひらの上でお豆腐切ってみよう、そしたら、私は勝てる!」と決心するわけなんだけど汗

手のひらの上でお豆腐切れない男って、どんくらいいるんだろう?

もし、過去にそんな経験があったとしても、大抵の女は、豆腐は手のひらの上で切るだろうに。。。情けない奴だよ。

とか、言いながら。
実は私も、それが苦手。

って言っても、そんなトラウマがあるわけでも、自分が血まみれになっちゃった経験があるわけでもない。

ただ単に。
手が小さいから。。。

お豆腐一丁なんてとても手のひらに乗らない。
まずまな板の上で半分に切ってからじゃないと、とてもじゃないけど、切ってる最中、確実に手のひらからお豆腐が落っこちる。

一人暮らしっていう理由のみならず、結局、ミニ豆腐を買う割合が多い。

小ちゃいってのは、結構不便なもんでやんす悲しい


春。
新入社員が入って。
『私以外でびっくりあの会社の中で「キャピキャピ」した声が聞こえるのは久しぶりだ。
ワッキーも明るくなって、いい傾向だなあと思う。

ただの「キャピキャピ娘たち」で終わらないことを願う。。。


at 20:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)生活&食べ物 

March 25, 2007

春だなあ...

春。
今日は朝のうちは雨模様だったけど、徐々にあったかくなってきて、ああ、ほんとに春らしくなってきたなあ、って感じる一日だった。

春、なので。
春物の服を少しばかり買ってきた。



bcfa185b.jpg
春、なので。

夕飯はアサリのお味噌汁にしてみた。

アサリのお味噌汁。
実はこれが苦手だった。

子どもの頃、最後に「ジャリ」って残る砂がどうしても許せなくて。

一度、海の家で朝食に出されたアサリのお味噌汁。
これっぽっちも砂が残ってなくて。

何でうちのおかんはアサリの砂出しが下手なんだろう?ってずっと思っていた。

大人になって、自分で作るようになって。

アサリの砂出しの難しさを知った。

潮干狩りに行って採ってきた新鮮なアサリはさほど難しくはないけど、スーパーで買ってきたアサリは、その後塩水に漬けておいても、砂が残ることが多い。

あれこれ試行錯誤を繰り返し。
大分、満足がいくようになった。

それでも時々失敗する。

今日は、上手くいった。。
それだけで気分がいいOK



1fe8afd8.jpg
春なので。
本を何冊か買ってきた。

..あ!これは季節関係ないか汗

西村京太郎さんの本を選んでる時、その横にあった西村雅彦さんの本が目について買っちゃった。

だって、タイトルが「僕のこと、好きですか」なんだもん。

好きだから、買うしかないっしょ音符




この中で、いっちゃん最初に読んだ阿川さんのエッセイ。
はっぴぃ☆らいふにも書いたけど。

歳をとることに「慣れる」前に、彼女もあったらしい。

ときに後戻りしたり、開き直って前に進んだり、落ち込んだり立ち直ったり

っていう時期。

今にして思えば、数年前、ものすごく人生に焦ってた時期があった。
あれもしてない、これもしてない。
なのにもう40過ぎちゃうっていう焦り。

さらにその頃、自分の人生は43歳で終わるっていう変な確信があって。。

ま、それを過ぎても生きてるわけなんだけど(^┰^;)ゞ

彼女のエッセイを読んで、ああ、誰でもアップダウン繰り返して落ち着くんだなあって、当たり前なんだけど改めて思った。

きっと、まだしばらくは、焦ったり凹んだり、冷静になったり舞い上がったりが続くんだろうなあ。
それを全部乗り越えたら、いい女になれるかな?なれたらいいなあ。。。



今日のニュースの中に、こんなのがあった。
愛のために辞職した司教

 教会の移築作業で出会った女性と結婚するため、軍に属する一人の司教が辞職したと金曜日に地元メディアが報じた。
辞職したのは2001年からハンガリーの国境警備隊やカトリックの兵士、その家族らに信仰を説いてきたタマス・ザボ司教(50)。
ローマカトリック教会は聖職者の結婚を認めていない。
ハンガリーのカトリック教会はウェブサイトで「ローマ法王ベネディクト16世が彼の辞職を認めた」と発表している。
一方、ザボ氏はMTI通信の取材に対し、「プライベートなことは話したくありません。公事ではないのですから」とコメントした。


神様からのプレゼントかしら?
ローマ法王が認めた、ってのがちょっと笑えるけど。。

何よりも大切な宝物を見つけた司教に乾杯乾杯

幸せなニュースは例え見ず知らずの人であってもいいもんだキラキラ


at 20:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)生活&食べ物 

March 24, 2007

時間が解決するってのは本当なんだ

中日新聞の特集「いじめと生きる」の第4部は、いじめを科学的に考えた構成になってる。
その中で、今日の朝刊の「時間」は興味深かった。

「筋肉の力が出やすいのは夕方だし、集中力が高まるのは昼すぎ。免疫機能は朝弱まり、夕方強くなる。そうした能力の上下で気分も左右される」っていう脳のメカニズムを取り上げ。

 数時間、1日、1カ月。例えば、それだけの時間を置いてみれば、考えは変化し得るのだ。

 いや、もっと短い時間でも。

 どうしても思い出せなかったことが、しばらくして、ふっと出てくるということは誰にも経験があるだろう。ちょっと前には分からなかったことが、今は分かる。これだって脳の中で何かが起きて、考えが変わったということにならないか。

 今、その瞬間は、「死のう」と思う。解決方法はそれしかないように思える。だが、待つべきだ。「時間」はきっと、別の答えをみつけてくれる。
と締めくくっていた。

実は、『新生ニューロン』とか『シナプス』って言葉が好きで。

難しくてよく理解はできてないんだけど、自分の脳の中で、前を向こうと頑張ってる細胞があるってことが、なあんか嬉しいじゃない?



今、考えてる結論が最終じゃあない、ってことが、数時間後に分かるかもしれない。

何ごとも早まっちゃいけない、ってことだよね。

もっと、冷静に判断してみる。。今の自分。これからの自分。

(あ!決していじめられてるとか死にたいって思ってるわけじゃあないよ、それは誤解のないように。)


夕べ。。
全く酔わないまま呑んで。
絶対、朝、後悔するって思ってたのに、すっきり目が覚めた。

そっか、まだまだ、気分はどん底じゃあないぞ。

私の中の細胞、もうちょっとの間、頑張っておくれ☆

いっつも酷使して、ごめんね..


at 20:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ひとり言 

March 23, 2007

黙っとけば5000円の儲けだった..

700円ちょっとの買い物をして。
5000円札を出したら、9200円ちょっとのお釣が返ってきたお金

出したのは5000円札ですよ。
嬉しいけど...音符


って5000円返したら。

あ!・・・汗

ありがとうございますキラキラ


って言葉と、笑顔が返ってきた。
その笑顔に、こっちも笑顔になった。
そんな、ちょっとしたことで気分がアップする。


人の「気分」ってのは不思議だ。

時々。。。
人生全部、投げ出してしまいたくなる瞬間があって。

でも、ほんの小さな出来事で、その気分が解消される一瞬もあって。

だからこそ人生ってのは面白い。


一日で、アップとダウンを繰り返し。
鬱になったり、ハイになったり。

その原因が、ちゃんと自分で把握できてるから、余計に「困ったもんだ」と思ったり。

例えるなら。。。

呑みたい気分で。
その通りに、呑んでて。
どんだけ呑んでも酔っぱらわないだろうと予測できてて。

それでも翌日、目が覚めた時には、痛飲したことに自己嫌悪するだろうってことまで分かってる。。。

そんな感じ。

...例える、もなにも、多分明日になった時点で、事実だし(;^_^A


ってことで、今夜は心ゆくまで、前後不覚になりたいと思います。。。

まったく。
私ってば。
ちっとも強がりを卒業できないんだわ..


at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)生活&食べ物 

March 22, 2007

驚き過ぎて・・

新卒を二人迎えた朝礼。
今朝は“やまぶ”の番だった。

社員の心構えってやつを語ってたんだけど。

仕事を金額に換算して、なんて話の途中で。

例えば、入社したばかりの人たちなら時給にすると1200円から1300円くらいだと思いますが。。。

って言葉を聞いたとたん、驚いて、声が耳に入ってこなくなった。

たぶん、時給より経費がかかるような仕事をするな、早く、時給以上の仕事ができるようになれ、ってことを言いたかったんだと思うけど。

で、それは間違いではないんだけど。

新入社員の時給が。

1200円から1300円びっくりはてなびっくりはてな

だとぉ怒

そっから、自分の給料を時給に換算する計算が頭の中で渦を巻いて。。。

手当て全部含めたり、税金や保険料を引かないで計算したりしてみたけど。
勤続13年でも、そんなにないぞ!!

なら、新入社員になりたい...
とつくづく思った。

奴は、社員の給料も把握してない経営者らしいブタ



今日一日、カリカリ、イライラしてたのは。
ほんとにちっぽけな理由で。
くだらない理由で。
バカな理由なんだってことは自分自身がよーく分かってる。

ただいま、めっちゃ反省中。。。

もっと、ドーンと構えていられる人になりたい...


at 21:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0)あの会社